Trailers

  • 本予告
  • ショートVer.

Cast & Director

画像
突然誘拐された韓国トップスター
俳優 ファン・ジョンミン

韓国を代表する俳優ファン・ジョンミン。新作映画のプレス会見を終え、帰る途中に正体不明の若者たちにからまれ拉致される。韓国中が証拠も目撃者もなく消息を絶ってしまったファン・ジョンミンの話題で持ち切りとなり、警察、関係者が懸命に行方を捜す中、唯一の武器である卓越した演技力で犯人たちと対峙するのだが・・・。

ファン・ジョンミン

1970年9月生まれ。

ノワール、コメディ、ドラマ、時代劇や舞台、ミュージカルなどジャンル問わず深みのある演技をみせる韓国を代表する俳優。『新しき世界』(13)では組織のボス、『国際市場で逢いましょう』(14)では激動の時代を生きた父親、『ベテラン』(15)では行動派の刑事、『コクソン/哭声』(16)では怪しい祈祷師、『アシュラ』(16)では極悪市長、『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』(18)では工作員といった幅広い役柄を演じ分け、唯一無二の存在感でスクリーンを圧倒する。最近では「イカゲーム」(21)で世界的に注目されたイ・ジョンジェと激しい殺し合いを演じた『ただ悪より救いたまえ』(20)や、少女時代のユナと共演したドラマ「ハッシュ~沈黙注意報~」(21)で久々のドラマ出演など話題が絶えない。そんな彼が本作では“俳優ファン・ジョンミン”を演じるという今までにない斬新な役柄に挑んでいる。まさに俳優人生の集大成的な映画でもある本作について、“この映画は観客の皆さんに、特別なエネルギーを与えられるだろう”と意気込みを語っている。


画像
誘拐犯グループのリーダー
チェ・ギワン

ファン・ジョンミンを誘拐した犯罪グループのリーダー。感情を一切表に出さず、目的のためなら手段と方法を選ばないため、仲間からも恐れられる人物。

キム・ジェボム

1979年12月生まれ。

韓国ミュージカル界では18年という長いキャリアを持つトップスターだが、映画などの出演は少ない。本作では目的のためなら手段も方法も選ばない極悪非道な誘拐犯を演じ、そのリアルな演技が話題となった。ミュージカル「キム・ジョンウクを探して」「兄弟は勇敢だった」「ファンレター」などで主演を務める彼だが、本作の出演には競争率1000倍のオーディションを勝ち抜いてこの役を手に入れた。ジェボムは「今後も映画やドラマも機会があればどんどん出演したい」と語っており、今後の活躍が期待される。


画像
ファン・ジョンミン誘拐事件の前に拉致された女性
パク・ソヨン

韓国中で話題となっているカフェ店主惨殺事件で、店主と一緒に拉致されたアルバイトのソヨン。ファン・ジョンミンと生き残りをかけて脱出を図るのだが・・・。

イ・ユミ

1994年7月生まれ。

「イカゲーム」(21)のジヨン役で視聴者に強烈なインパクトを与え注目を浴びたイ・ユミ。実は彼女は中学生のころから女優活動を始め、韓国インディーズ映画界ではその演技力が早くから注目されていた。またドラマ「リセット~運命をさかのぼる1年~」(20)ではミュンヒハウゼン症候群の少女役を演じ衝撃を与えた。最近では大ヒットドラマ「今、私たちの学校は...」(22)に出演し、身勝手な高校生役を憎々しく演じ演技の幅を見せつけている。本作ではリアリティ溢れる演技で、監禁された女性の恐怖を見事に表現している。


画像
誘拐犯グループのナンバー2
ヨム・ドンフン

リーダーのチェ・ギワンの恐ろしさを身をもって知っているため、理不尽な命令にも反抗できない。しかし、ある出来事をきっかけについにギワンへの怒りが爆発する。

リュ・ギョンス

1992年10月生まれ。

2007年の「江南ママの教育戦争」でデビューを果たすと演劇やミュージカルを中心に活躍。その後いくつかのドラマや映画に出演し「梨泰院クラス」(20)で注目を浴びる。「地獄が呼んでいる」(21)で演じた冷徹なユジ司祭で高い評価を得るなど、最近数々のヒット作に出演し、話題となっている俳優リュ・ギョンス。本作のオーディションでは彼の強烈な目つきに、ピル・カムソン監督は目が離せなかったという。犯罪組織のキレると狂暴なナンバー2“ヨム・ドンフン”として圧倒的な存在感を発揮する。


画像
誘拐犯グループの一員でありファン・ジョンミンのファン
ヨンテ

ファン・ジョンミンの昔からのファンで、彼の出演作は全て見ている。映画で出てきたセリフを覚えており、ファン・ジョンミンにそれを言うように執拗にお願いする。

チョン・ジェウォン

オーディションで印象的な演技が関係者の心を掴み、即座にキャスティングされた俳優チョン・ジェウォンは、これがスクリーンデビュー。

ピル・カムソン監督はチョン・ジェウォンについて“彼をキャスティングしたら何よりもこの映画が強く見えるように感じた。”と、 新人俳優をキャスティングした理由を明らかにした。


画像
リーダー チェ・ギワンに心酔する
コ・ヨンノク

リーダー ギワンのボディーガード的な存在。体格も良く好戦的で組織内でも狂暴な武闘派だ。ギワンの危機を救うため命を懸けるのだが・・・。

イ・ギュウォン

威圧的な大きな体で、スクリーンデビューとは思えないほど、ひときわ目立った存在感を見せるイ・ギュウォン。彼のずば抜けたセンスでコ・ヨンノクというキャラクターを見事に作り上げ、スタッフたちを驚かせた。俳優として今後、目が離せない存在だ。


画像
誘拐犯グループの武器制作担当
セッピョル

組織で手製の銃や爆弾などの制作を担当する。ドンフンと付き合っていて、いずれは2人だけで暮らしたいと思っている。

イ・ホジョン

1997年1月生まれ。

モデルとしてデビューした後、トップモデルとして活躍しながら『麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜』(16)に出演し俳優としても活動を始める。『ミッドナイト・ランナー』(17)『長沙里9.15』(19)などの映画や、最近ではドラマ「わかっていても」(21)にも出演し、その演技力が注目された。本作ではこれまでにない大胆な演技で観客に大きなインパクトを与える。


画像
鋭い洞察力と、創造力で作りあげた リアリティ溢れるサスペンス・アクション
監督 ピル・カムソン

これまで短編映画を撮ってきたが、本作で初めて長編映画の監督を務めた。シナリオ段階からファン・ジョンミンのキャスティングを考えていたピル監督。俳優ファン・ジョンミンが人質に取られたという前代未聞の設定を一本の映画として作り上げるまで、監督は絶えず創造し続け、この大胆な発想に肉付けをして本作を完成させた。監督は“最初から最後まで息つく暇がない、緊張感ある映画”と語り、自信を表している。

Filmography

  • 『ある約束』(2011) 脚本/監督
  •  - 釜山国際短編映画祭 コンペ部門招待
  •  - ミジャンセン短編映画祭 アクションスリラー<4万回の殴打>部門招待
  •  - プチョン国際映画祭 短編傑作選招待
  • 『Room 211』(2002) 脚本/監督
  •  - イギリス エジンバラ映画祭 短編コンペ部門招待
  •  - ブラジル サンパウロ映画祭 短編コンペ部門招待
  •  - スウェーデン ストックホルム映画祭 短編コンペ部門招待